お問い合わせ

Eng

人と組織

マーケティング・
営業支援

国際会議・学会・
展示会

地域活性

訪日インバウンド

スポーツ・
エンタテインメント

お問い合わせ

CSR・環境への取り組み

CSR・Environment

CSR/ダイバーシティ経営

私たちは、行動指針である「Our Value」に基づいて、常にイノベーティブな企業として成長し続けたいと考えています。多様な違いを活かし個々の能力を最大限引き出しながら、様々なソリューションを社会に提供し続ける会社を目指し、様々な取り組みを進めています。

「行動指針 Our Value」はこちら

働き方の工夫

より働きやすい環境づくりを目指し、社員が働く場所と時間を、それぞれの状況にあわせて柔軟に設定できるよう、フレックス勤務制度や在宅勤務制度をトライアル開始しています。

Family Dayの開催

社員のご家族を会社に招いて、お子様向け社内スタンプラリーを実施したり、2017年夏には「育メン」をテーマとしたセミナーも開催しました。

育児介護両立支援

育児や介護をしながら働く社員の方々にも安心して働いていただくための制度を用意しています。

  • 育児休業制度/介護休業制度
  • 育児や介護を事由とした短時間勤務制度

一般行動計画

一般事業主行動計画の公表について

株式会社JTBコミュニケーションデザインは「次世代育成支援対策推進法」に基づき「一般事業主行動計画」を公表します。

次世代育成支援対策法とは
次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくるために、国、地方公共団体、事業主、国民が担う責務を明らかにし、平成17年4月1日から10年間かけて集中的かつ計画的に取り組んでいくためにつくられたものです。

一般事業主行動計画とは
企業が、子育てをしている労働者の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備や、子育てをしていない労働者も含めた多様な労働条件の整備などを行うために策定する計画です。

株式会社JTBコミュニケーションデザイン 行動計画

1次世代育成支援対策法に基づく計画

意欲ある社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り、働きやすい雇用環境の整備を行うために策定した行動計画です。

計画期間
平成28年9月1日~平成31年3月31日までの約3年間
内容
目標1 ライフイベントでの切れ目のない支援
行動
  • ライフイベントに伴う意欲ある女性社員の流出を防ぐ環境整備
  • キャリアを重ねていく女性社員のロールモデルの発掘・実績づくり
  • 配偶者の出産した男性社員への育休取得促進。
  • 育休復帰者対しての社内的フォロー充実、マタニティ社員への配慮の充実について、対策を検討。
目標2 長時間労働傾向の改善への取り組み
行動
  • 新会社設立に伴い状況把握・意識改善をしていく。
  • 業務改善に向けた部署や小委員会等の実施し、タイムマネジメント意識の向上を検討。
目標3 年次有給休暇の取得利用のための取り組み
行動
  • 年間有休休暇の計画的取得の勤怠システムへの登録利用を促進
  • 夏休み等での連続 5 日間の休暇取得促進

2次世代育成支援対策法に基づく計画

意欲ある女性が長く共に働いていく環境を整備し、社員一人ひとりがその力を発揮し、会社の成長の力となる状態にするために策定した行動計画です。

計画期間
平成28年9月1日~平成31年3月31日
内容
目標1 ライフイベントに伴う意欲ある女性社員の流出を防ぐ環境整備
行動
  • 社内プロジェクトの設定
  • 社内プロジェクトでの実施計画策定
  • 策定計画の実施
目標2 キャリアを重ねていく女性社員のロールモデルの発掘・実績づくり
行動
  • ロールモデルの発掘
  • ロールモデルの紹介
  • ロールモデルとの接点の創出(セミナーや座談会等)
  • グループ内出向など交流人財を利用したロールモデルの実績づくり(検討)
目標3 長時間労働傾向の改善への取り組み
行動
  • 新会社設立に伴い状況把握・意識改善
  • 業務改善に向け、部署単位プロジェクトや小委員会などの設置
  • 個所プロジェクトの進捗を個所評価に導入(検討)

一般事業主行動計画(PDF:247KB)

環境への取り組み

基本理念

株式会社JTBコミュニケーションデザイン(以下、当社)は、行政、企業、学術を中心に各種イベント・コンベンションの企画立案・斡旋・実施及び市場調査事業において、常に地球環境の保全に配慮します。また、循環型社会形成の推進を経営の柱の1つとして積極的に取り組み、地域社会に貢献していきます。

環境方針

  1. 当社は、事業活動を通じて社会への環境保全に対する啓発活動に積極的に取り組みます。
  2. 当社は、環境マネジメントシステムを継続的に改善し、汚染の予防に努めます。
  3. 当社は、環境側面に関係して適用可能な法的要求事項及び当社が同意するその他の要求事項を順守します。
  4. 当社は、イベント・コンベンションの企画立案時から、環境配慮コンテンツや廃棄物適正処理の提案、自社ホームページを利用しての環境情報の発信、及びパソコンの適正な維持管理等を環境目的・目標として設定し、必要に応じて見直します。
  5. 当社は、全ての社員に環境方針を周知し、環境活動を積極的に推進します。
  6. 当社は、環境方針を広く一般に開示します。